最近、子育てをしているママに「うつ」の症状が増えているそうです。出産も育児も初めてであれば、何をどうしたらいいかわからない状態なので、極度に緊張したり、不安をいつも抱え込んでいるような状態のママが多いのです。


赤ちゃんが泣いていてもなぜ泣いているのかわからないこともあります。母親だったら、1日中一緒にいれば、赤ちゃんの泣き方ぐらいだんだんとわかってくるものといわれたりしますが、実際は泣き声ひとつですべてを理解できるママはなかなかいません。


赤ちゃんが、泣きだしたときに、「オムツがぬれているせいなのかな?」と思っておむつを確認すると違って、「もしかして眠いのかな?」と思いあやしてみたり…赤ちゃんと常に対話しながら子育てをやっているのでこの状況はこの状況はママのストレスとなります。


また、お姑さんと同居などしている場合は、お姑さんのアドバイスが本当はありがたいものだったりしますが、産後の女性ホルモン分泌の変化が原因で、その一言一言がしゃくにさわっても「私はこんなにも頑張っているのに…」とネガティブにとらえてしまうこともあります。


心身ともに疲れきっていてもなんとか家事や育児はなんとかこなせているときは、旦那さんやその周りにいる人には、ママが苦しみ悩んでいることは伝わりにくいのです。


本人は軽度のうつ状態になっているのにも気づかず、放っておくうちにだんだん本格的に鬱病になってしまい、家事をどころか子育てそのものも困難になってしまうのです。


周りからみれば、母親本人が「単にだらだらしているだけ。甘えてるだけ」と思われがちです。だから、周りから「あんた子供のためににしっかりしなさい」と言われると、さらに「自分が甘えているだけなんだ。もっと頑張らないと」という誤解をしてしまいます。


「うつ病」がどんどん進行してしまうと、取り返しのつかない状態までなりますので、育児中に限らず、うつ病について、本人と周りの人がしっかりとした知識を持つことが必要なのです。


子育てでうつ病になる原因

育児ノイローゼで鬱病

スポンサードリンク

うつ病になってしまうママは「完璧なお母さん像」を目指して、家事も育児も何でもやってやろうという気持ちが強いです。そのため、自分自身を苦しめてしまっていることはよくあることです。


特に、初めて母親になる人は、育児本などを買ってそれに沿って子育てをしようと試みます。自分の赤ちゃんが育児書に書かれているような発達をしていないと、「もしかして、障害ではないのか?発育がおかしいのではないか?」と育児に対して大きな不安や悩みをもってしまいます。


育児マニュアルは、大いに役立つ部分もありますが、その反面、”マニュアル通りに発達しないといけない”という固定観念をママに植え付けてしまってて、大きなストレスを生み出してしまうんですね。


赤ちゃんの発達には、当然個人差があるので、本に書かれていることがあくまでも参考です。育児本にはこう書いてあるけど、自分の子供はこれでいいんだ!と、大きく構える姿勢が大事です。どうしても気になるようであれば、療育センターなど市町村に問い合わせて専門の先生に相談してみるといいですよ。大事なのは一人で悩まないことです。


もうひとつ、子育てで鬱病になってしまうのは、赤ちゃんの夜泣きです。赤ちゃんの発達段階に夜泣きがあって、まったく泣かない子、泣きまくる子、様々です。夜泣きが原因で、ママは睡眠不足に陥りそれが毎日続くとなるとストレスが溜まってきます。睡眠不足は判断力を失うことになりますので、旦那さんが奥さんの疲れている状態に気づいてあげて、睡眠をとらせてあげる優しさも大事です。

薬を使わずにうつ病を改善法

子育てで鬱病

子育て中のママがうつ病を発症する原因の多くはストレスなので、それからまず改善していかないと、症状は悪くなる一方です。


解決策はというと、もちろんパートナーである夫による理解とサポートが一番です。毎晩、赤ちゃんの夜泣きに付き合い寝かせるのは「母親の仕事」とするのではなく、旦那さんも父親である以上、積極的に育児に参加していくことが不可欠です。


そして、奥さんに「いつも大変なのにありがとう」「たまには休んでいいよ。今夜は自分が起きるから」「何か手伝おうか」などちょっとした気遣いをするだけでも奥さんはほっとしますし、鬱を回避することができます。


また、実家の親や市町村、民間のグループなどからも助言やサポートを得ることが大事ですし、専門家とのカウンセリングも併用することも考えないといけません。子育てだけの問題ではなく、夫婦間のちょっとしたすれ違いや協力してくれないという悩みなども打ち明けてみるといいです。


専門家に話すことで自分自身の中で問題解決の糸口が見つかったり、うまく処理できたりできますし、自分のしらなかったサービスなどの紹介を受けることができたりと、相談してみて得られるメリットはたくさんあるものです。鬱病イコール薬ではなく、まず、専門家に相談して思いを話してみることが改善への大きな一歩になります。

スポンサードリンク