赤ちゃんの肌というと、つるつるできめが細かく、むきたて卵のようにすべすべしていることですよね。ついほっぺたをつけてスリスリしたくなりますよね^^ こんなにお肌がきれいなので、肌荒れやニキビはなさそうだと思うでしょう。


ですが、赤ちゃんの肌は大人以上に敏感なので、ちょっとした刺激でも荒れやすいのです。ですから、乾燥する季節になったら、パパやママがちゃんとお風呂上りにでもスキンケアしてあげる必要があるのです。今回は、乳幼児でどういうタイプの肌荒れがよく起こるのか、また具体的にどんな対処、予防をしていけばいいのかお伝えしていきますね。

赤ちゃんの肌荒れの原因となるもの

乳幼児の湿疹

赤ちゃんの肌は薄く、機能もまだ十分でないので、ちょっとした刺激ですぐには肌荒れを起こしてしまいがちです。特に、生後2~3ヶ月頃までは皮脂の分泌が多く、乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビなどのスキントラブルが起こりやすいです。

ですが、生後3ヶ月を過ぎるとガラッと皮脂の分泌が少なくなっていくため、今度は乾燥によってスキントラブルが起こりがちです。また、乾燥による肌荒れであって、湿疹が出ることもあるのです。では、詳しくどんな種類の肌荒れがあるのか見ていきましょう。

よくみられる赤ちゃんの肌荒れの種類

新生児ニキビ

新生児ニキビとは、生後1週間頃から赤ちゃんのほっぺたやおでこなど顔全体にできる赤いぶつぶつのことです。新生児期の赤ちゃんは皮脂が多く分泌されるので毛穴を詰まらせてしまいまうことが原因でとされています。


私の子供も赤いブツブツが急に増え、顔から頭皮まで真っ赤になってしまい戸惑った経験があります。初めての赤ちゃんでなかなか顔までは石鹸で洗う勇気がありませんでした。あの時ちゃんと洗ってあげればよかったと後悔しています。とにかく清潔にしてあげることが大切です。

乾燥性湿疹

生後すぐは皮脂が過剰に作られるのですが、半年を過ぎたあたりからは肌の状態も落ち着き、今度は皮脂が少なくなってきます。この時にできる湿疹を乾燥性湿疹と言います。皮脂が少なくなると、肌を守る働きも弱くなってしまうために肌が荒れやすくなります。

乳児脂漏性湿疹

新生児ニキビと同じように、多くの赤ちゃんにみられるのが、顔や頭にできる黄色いかさぶたのようなもの。これは乳児脂漏性湿疹です。乳児脂漏性湿疹も新生児ニキビ同様に、ママの女性ホルモンの影響をうけ、皮脂が多く作られる時期であるために、肌や毛穴に皮脂がたまって起こります。

アトピー性皮膚炎やアレルギーによる湿疹

アトピー性皮膚炎やアレルギー性湿疹の症状は、顔や頭などに赤いブツブツができて痒みが治まらない、なんども治ってはまたでてくるといったものです。乳児湿疹などと間違いやすいのですが、気づかずに放っておくと症状が悪化し呼吸困難になるケースもありますので早めに受診するようにしましょう。

あせも

まだ寝返りやハイハイができない時期の赤ちゃんに多いのがあせも。特に暑くなる夏によく起こります。まだ1日の大半を寝て過ごす時期の赤ちゃんは、背中が蒸れてしまうために、背中からおしりのあたりまでが赤いブツブツになってしまい痒くなります。力加減が分からない赤ちゃんは、爪でひっかいてしまうことが多いので、そこから膿がでてしまい「とびひ」になってしまうことがあります。

肌荒れを予防する方法

ベビーのむきたて卵肌

スポンサードリンク

通常はベビーローションを使う

赤ちゃんの保湿によく使われるのはベビーローションです。外出する時、お風呂上がり、朝起きた時など、乾燥が少しでも気になった時に赤ちゃんに使うと肌荒れ対策に効果的です。ベビーローションの特徴は使用頻度が1日で3、4回が平均的で、頻繁に使えるということです。


ベビーローションの多くはベタ付きすぎないので、ベビーローションを赤ちゃんに塗った後に服を着せたりしても大丈夫です。特に赤ちゃんの肌で乾燥しやすいのは顔や手足ですので、そこを重点的にベビーローションで保湿すると良いでしょう。


特にお風呂上がりの10分を過ぎた頃には急激に乾燥が進むと言われています。寒い時期、暖房が効いた部屋にいる時には特に早いスピードで乾燥が進んでいくため、定期的にベビーローションで保湿してあげるようにしましょう。お風呂上がり以外にも、大体朝晩1回ずつを目安にするとより保湿されます。

しっかり保湿するならベビーオイルを使う

ベビーオイルはベビーローションと似ていますが、少し違います。ベビーオイルの使用頻度の目安は1日1回程度です。しっかりと家で保湿したいときに時間をとって全身に塗ってあげると良いでしょう。そのため、お風呂上がりなど時間に余裕がある時、または赤ちゃんの睡眠前が良いでしょう。


ベビーオイルを赤ちゃんの肌に塗りながらマッサージをしてあげれば、赤ちゃんは保湿だけでなく癒しも享受できるので一石二鳥です。

外出時は肌を出さない

意外と知られていないのが、外出すると赤ちゃんの肌が乾燥しやすくなるということです。これは私は知らなかったのですが、赤ちゃんは自分の肌をコントロールすることができないので環境の変化についていけません。

湿度や温度管理されていた部屋と外は違うので乾燥しやすくなるようです。外出する際は肌をあまり出さないようにして洋服やおくるみ等でカバーしてあげましょう。

部屋に加湿器を置く

赤ちゃんの肌荒れは、母乳からだけでなく乾燥によることも考えられます。赤ちゃんの肌は敏感で、まだまだ自分で油分を作ることもできません。赤ちゃんが過ごす部屋が乾燥しないように加湿器を使って湿度をあげたり、保湿クリームなどで保護してあげましょう。

・母乳の質を上げる

赤ちゃんをベビーソープできれいにしてベビーローションで保湿ケアをしているのに、肌荒れしてしまう…ときは、もしかしたらママの食べ物が関係しているかもしれません。白身魚や野菜が中心となる和食は、栄養バランスが整っており良い母乳をつくると言われています。


しかし、味噌や醤油の原材料をチェックした時に、アルコールと書いてあるものや塩化ナトリウムでできた食塩は赤ちゃんの肌荒れに影響を及ぼすため避けた方が良いでしょう。ママのバランス良い食生活が赤ちゃんにも大きな影響を与えるため、授乳中の食事には特に気をつけましょう。

質の悪い母乳を作ってしまう食べ物

①インスタントラーメンやレトルトといった添加物が入ったもの
②アルコールやカフェイン
③糖分が多い飲み物
④スナック菓子や塩分・糖分の多いお菓子
⑤脂身の多い肉類
⑥乳製品
⑦脂っこいもの(揚げ物や中華料理など)
⑧小麦・大豆等アレルギーの原因となるもの

近年増え続けている食物アレルギーやアトピー性皮膚炎。特にアトピー性皮膚炎は、お母さんの母乳から肌荒れを起こし皮膚炎を発症しているケースもあります。先ほど挙げた食べ物は、なるべく摂取量を減らしてあげたいものです。


特に注意したいのが添加物。食べ物も便利な時代になり、ファーストフードやインスタントラーメン、スナック菓子など手軽に食べられるものが増えきました。その一方で、添加物がその中には多く含まれている為、母乳を介して赤ちゃんの体に入ってしまうことも気を付けたいポイントです。


赤ちゃんの体はお母さんの母乳でできています。お母さんが食べたものの栄養はそのまま赤ちゃんの体に入っていきます。質のいい母乳を作るために食べ物には気を付けましょう。

酷いときは病院につれていく

赤ちゃんの肌はとても敏感で、肌トラブルがよく起こる時期です。お母さんは赤ちゃんの肌トラブルに戸惑い病院にどのタイミングで連れて行けばいいかと悩んでしまうものです。ポイントとしては、かゆみが出てきたときや化膿してきた時。

基本的には毎日の入浴時に石鹸で洗って清潔に保ってあげることが一番いいのですが、症状がひどくなってきた時には、皮膚科や小児科を受診することをお勧めします。ですが、その際に処方される軟膏などにも注意が必要です。ステロイドが入ったものは赤ちゃんのお肌には負担が大きいものです。お医者様とよく相談してから使うようにしましょう。

スポンサードリンク