生後6ヶ月を過ぎるころには、赤ちゃんにもかわいらしい小さな前歯が生えてきます。歯が生えるということは、歯磨きすることをパパもママも考えないといけませんね。


ですが、異物を口に入れられるので嫌がる子も当然いますし、歯を磨く時間がますます嫌いになってしまう子供さんもいます。そこで、大事なのは歯をみがくのはお口がすっきりすること、楽しいことだと思わせることです。


実際に、嫌がられないためにはどういう風な工夫が必要なのでしょうか?今回は赤ちゃんが何の抵抗もなく歯磨きを受けて入れてくれるようなコツやテクニックについて触れていこうかと思います。

赤ちゃんの歯が生えてきたらすぐに歯磨きを始めるのか?

乳幼児が自分で歯を磨く

小さな白い歯が生えてきたけれども、だいたいいつから歯磨きを開始すべきかと思いますよね。歯磨きを始める目安はは、6か月頃~1歳頃だといわれています。


この時期の歯磨きの目的は、虫歯予防にきちんと磨くというよりも、赤ちゃんに歯ブラシに慣れてもらうことが重要なのです。生後半年から1年というのは、間食も少ないですし、唾液の分泌量が多いため自浄作用があるんですね。そのため、口内が清潔に保てるので、「今日は歯磨きしていないで寝てしまったっから虫歯になるかも・・・」とパニックにならなくていいです。


ですので、赤ちゃんが嫌がっても親は無理強いせずに長い目で見てあげましょう。


離乳食をしっかり食べられるようになる10か月頃になると、歯も上下揃いますから虫歯の心配もでてきます。市販では安全面に配慮された赤ちゃん用の歯ブラシが手にはいりますので、子どもがどうしても自分で磨きたいという時は自分で磨かせて、親は必ず仕上げ磨きをしましょう。


乳幼児の多くは歯磨きは決して好きではありませんので、子どもが落ち着けるように膝の上に頭を置かせて歯を磨いてあげると割とおとなしくさせてくれます。


この時期の歯磨きのポイントとしては、やはり前歯です。前歯は虫歯になりやすい場所なので、放っておくと、次に生えてくる永久歯にも悪さをしてしまいます。前歯だけでもいいので毎日しっかり磨いてあげるようにしましょう。

子供が嫌がらない磨き方のコツ

歯ブラシ選びのポイント

歯磨きを嫌がる理由としては、このようなことがあります。


・歯ブラシの圧力が強くて歯茎が痛い
・ママやパパが怒りながら磨く
・押さえつけられる
・眠たいときに磨かされる


ママやパパとしては、虫歯になってほしくないという思いが強いので、力を入れたり、力づくで磨かせようと必死です。ですが、子供からすれば嫌なものを羽交い絞めにされるわけですから、歯磨きの度にもっと嫌になってしまいます。


また、大人でもそうですが、自分が眠い時に目が覚めるような歯磨きをされると、ストレスになってしまいます。お子さんの様子を見ながらここだという機嫌のいいポイントを見つけてあげましょう。


歯をみがくときは、鉛筆持ちにして歯に直角に歯ブラシを当ててほとんど力を入れずに磨くことです。また、歯茎に対しては斜め45度が理想です。

スポンサードリンク

歯ブラシや歯磨き粉選びのポイント

やわらかい安全な歯ブラシ

赤ちゃんや子供向けの歯ブラシの条件というのは、


・毛は柔らかめ
・柄が短めで持ち手が丸めのものが危なくない
・毛先が山切りカットではなく、フラットなもの
・毛が密集しているもの
・ヘッドが小さめ


パパやママがいきなり歯ブラシを赤ちゃんの口に入れて磨き始めるのではなく、慣れさせるためも本人に安全なベビー用歯ブラシを持たせてみると、抵抗が少なくなるはずです。その際は、不意な動きで喉に刺さったりしないか、大人が傍にいて注意してみてあげることが大切です。

歯磨き粉はどんなものが理想か

1つ目のポイントとしては「ベビー用の歯磨き粉」を使うことで、特にジェルタイプのものがおすすめです。なぜなら、研磨剤や発泡剤が入っていないものなので飲みこんでしまっても安全だからです。また赤ちゃんが好きそうな甘めの味や香りがついているので、歯磨き粉を嫌がることが少ないと言われています。


2つ目のポイントですが、キシリトール入りやフッ素が配合されている歯磨き粉を選ぶといいでしょう。フッ素は虫歯予防に効果があると言われているので、乳幼児の弱い歯にはなくてはならない成分だといえます。


使用する量の目安としては、1歳未満の赤ちゃんならば歯ブラシの毛束1列分ほど。2歳頃ならば2列分というように、少しの量から始めて歯の成長の合わせて増やしていきましょう。個人的には、ほとんどつけなくていいと思いますけどね^^; 口をゆすげるようになるのはちょっと小さいうちはできませんので、すすぎの代わりに軽く濡らしたガーゼでふき取ってあげましょう。


歯磨き粉が気持ち悪くてどううしても嫌がるようならば、無理やりさせずに思い切って歯磨き粉をしばらくの間お休みしてみましょう。水だけでも十分歯磨きはできます。そしてまたしばらくしたら再開してみる、または歯磨き粉の味を変えてみるなど工夫してみましょう。

歯を磨くことが楽しいと思わせるコツ

1. 雰囲気づくりをする

赤ちゃんのときから歯磨きは嫌なものではない、楽しい時間だと感じてもらえるように、パパやママが歌を歌ったり、おしゃべりをしながら歯磨きをしてみましょう。


私は、よくNHKの「おかあさんといっしょ」の歯磨きの歌を歌っていましたし、アンパンマンにでてくるバイキンマンの話もしていました。「バイキンマンとドキンちゃんがお口に中に隠れているから、歯ブラシでかき出そうね。大きく口をあけてごらん」といったり、なかなか口を開けてくれないときは、「ほら、歯の奥にバイキンマンが3匹隠れてた。あ、こっちはドキンちゃんもいた」というと大きな口を開けてくれました(笑)


赤ちゃんは特にパパやママからほっぺをちょんちょんと触られると喜びますので、歌いながらやさしくさわってやると「楽しい」と感じられるでしょう。

2. 磨いたあとはたくさんほめてあげる

歯磨きができたら「わーきれいなぴかぴかの歯になったね。すごい上手だったよ」と大げさでもたくさんほめてあげましょう。やっぱり子供はなんでもほめることが基本です。赤ちゃんであってもほめられると次も頑張ろうって気にになりますからね。

3.毎日決められた時間に行なうこと

毎日決まった時間に歯を磨くことにより、歯磨きの時間を認識させていくことができます。また、ルーティン化することで、歯を磨くのは特別でもなんでもなく、生活の一部だと思うようになりますので子供にとって当たり前になってきます。

スポンサードリンク