高熱が出ている時やたんこぶができたときにおでこにピタっと貼るとひやっとして気持ちがいい、冷却シートの冷えピタ。貼るだけでだんだん熱が下がってくるような感覚になりますね。


赤ちゃんでも突然39度とか40度の熱を出すこともありますが、こういう時に熱さまシートを使っている人も多いかと思います。


ですが、中にはおでこに貼られるのを気持ち悪がってはがそうとする子もいますし、最初から貼られるのを拒否る子もいますが、無理やり貼り付ける必要もありません。嫌がるなら別の手段で冷やせばいいですし、おでこ以外の首や脇に貼るのもありです。


粘着性だからずれにくいという特性で子育て中のママたちの人気アイテムですが、安心しきって赤ちゃんに使ったため、こんな怖い事件も起こっているんですよ~

生後4か月の赤ちゃんが重度の障害児に…

熱を冷ますにはどこに冷却シートを貼る

2004年の話ですが、発熱した生後4ヶ月の赤ちゃんの額に、熱を冷ますためにママが冷却シートを貼りました。そして、夕食の片付けにしばらく赤ちゃんのそばを離れてしまったのが最悪な結果を引き起こしました。


それはというと・・・冷却シートが赤ちゃんの口と鼻を塞いでしまって窒息状態になっていたのです。急遽、救急車で病院に搬送されて、人工呼吸管理やさまざまな治療が施されたために、一命は取りとめたのですが、低酸素性虚血性脳症になってしまったのです。そして、最悪なことにも、現在では脳障害が残ってしまい、全介助が必要なほどの重度な状態が今後一生続きます。。


こういうちょっとした事故が赤ちゃんの命取りとなってしまうんです。あんな小さな熱をさます冷却シートであっても、大切な子供の一生を台無しにしてしまう可能性だってあるのです。

そもそも冷えピタの効果はあるのか

冷えピタを貼る場所はどこか

冷えピタって熱を下げてくれると思っている人多いですが、実は解熱効果は認められていません。ただ単にシートを貼った個所の熱を吸収するだけなのです。よって、氷枕とそんなにかわらない。貼ればひんやりして気持ちがよくなる程度なので、あまり期待しすぎずに使うのがいいと思います。

スポンサードリンク

アイスノンや保冷剤はどうか?どこを冷やす

ケーキを買った時についてくる保冷剤。効果としては、実際保冷剤の方が冷えピタよりはあります。100円ショップでも手に入りますが、すぐに使えるように冷凍庫に入れておくとよいでしょう。


保冷剤には凍って固いものと柔らかいものの2種類があります。赤ちゃんが発熱した時にはタオルなどに包んで使用しますが、同じ部位に長時間あたらないよう、時々場所をかえましょう。直接触れると凍傷になることがありますので、気を付けてください。


発熱時は脇の下に差し込んであげることで、解熱効果を促します。というのも、わきの下には動脈が流れているのでそこを冷やすと効果的なのです。もちろん直接皮膚に触れないように何かにくるんで冷やします。もし反対に手足が冷たいようなら、冷やすのではなく温めてあげましょう。発熱時は衣服の調節も大切です。1枚薄着にさせることで、体温が下がることがあると言われています。

濡れたタオルで体を拭いたり、汗ばんだら着替えさせ

大人は汗をかいたら、普段着替えますよね。そのままだと体を冷えるのを知っているからです。赤ちゃんも同じです。濡れタオルで体をふくことで、気分がすっきりします。


また、熱のある赤ちゃんが汗ばんできたら、すぐに着替えをしてあげたり、背中にガーゼや汗取りパットをあててあげるのもよいでしょう。

水分補給させる

大切なのが水分補給です。大人より、赤ちゃんの方が体に占める水分が多いため、脱水症状をひきおこしやすくなります。もしかして経口補水液は味が苦手で飲めない赤ちゃんもみられます。母乳やミルクでもいいですが、麦茶や赤ちゃんポカリなど飲めるものを飲ませてあげましょう。


赤ちゃんが熱を出すとパパやママは焦って小児科に連れて行かないと…と焦ってしまいますが、まずは冷静になって水分補給をしたり、ほてっている身体を冷やしてあげることをやってみましょう。

まとめ

結局、冷えピタのような冷却シートを貼るかどうかは、それぞれの親の判断ということになりますが、子どもが幼いと窒息しかけた子供のケースのように大事故につながりかねないですね。


ちょっと家事をしている間にそんな大惨事につながったら…考えるだけでもぞっとすると思いませんか?そういう意味で、冷えピタは乳児には使わないほうが無難かもしれませんが、子どもが3歳ぐらいになって、子どもが嫌がらなければちょっとの間だけでも使ってもいいかなと思います。

熱を下げる効果を期待するよりも本人の気分がよくなるなら使うのもありかなって思います。

スポンサードリンク