4月後半になってくると、急に気温が上がってきますので、赤ちゃんの紫外線対策も考えないといけませんね。特に春の紫外線は強いので、とお散歩などに出る機会も触れるでしょう。気温が上がっていくとともに、お肌の天敵である紫外線も強くなってきます。


特に春の紫外線はものすごい量ですから、大人でもうっかり帽子や日焼け止めグッズを忘れて外出すると肌が真っ赤になりますから怖いです。当然、お肌がデリケートな赤ちゃんも日焼け対策必須です。ですが、薬用日焼け止めは赤ちゃんにも使っていいのでしょうか?今やSPFや種類も豊富なUVクリームやローションがたくさんありますが、どういうものを選ぶのがベストなのでしょうか?その辺についてまとめてみました。

赤ちゃんは紫外線にかなり弱い?

ベビースキンを守る

実は赤ちゃんの皮膚はもろい

赤ちゃんは小さければ小さいほど肌が弱く、デリケートです。特に、新生児期や乳幼児期の肌は大人が思っている以上にバリアが弱いです。日差しの強い夏は、直射日光が当たるとヤケドや水ぶくれになってしまうことがあります。


もっと怖いのは、赤ちゃん時代に紫外線を浴び過ぎると、紫外線によるダメージが肌の奥に蓄積され、小学生高学年になるとシワやシミ、免疫力の低下だけでなく、最悪皮膚がんなどを引き起こすことにもなるといわれています。(日本小児皮膚科学会の発表)。


ですので、月齢が低いうちほど、しっかりと日焼け対策をすることが、将来の子供の健康を守ることに繋がります。

お散歩に最適な時間帯

紫外線の量がもっとも多い時間帯は、午前10時~午後2時頃なので、朝~午前10時までに帰宅、または午後3時以降に外出するなど、なるべく日が高くない時間を狙って出かけるようにしましょう。


特に、4月から9月にかけては紫外線が多くなる季節なので、出かける時間帯を意識して、朝か夕方の涼しいうちを狙います。ですが、紫外線量が少ないからといって、肌をさらして散歩や公園に出かけるのはNGとなりますので、親子でしっかり対策をしてからお出かけするようにします。

日焼け止めクリームやその他の紫外線対策グッズについて

いつからUVクリームやローションを塗るべきか

日焼け止めは店舗で様々な種類のものがあり、どれにすべきか迷いますよね。お散歩の機会が増える生後3ヶ月頃から使用できますが、「ベビーにも使える」と書かれているをチェックしたり、使用月齢をちゃんと事前に確認してから買うようにしましょう。


日焼け止めを選ぶときには必ず、その強さを示すSPFやPAも見るようにしましよう。赤ちゃんが普段の生活でつけるときは、SPF15~20、PA++、屋外などのレジャーであれば、SPF30以上、PA+++を目安とするといいですよ。


ですが、生後1.2ヶ月のうちから、UVローションやクリームべったりと塗るのはかえってよくありません。だいたい生後3ヶ月頃までは、長時間の外出は控えるとともに、直射日光が当たらないようにして、紫外線から赤ちゃんの肌を守るような対策をして守ることが大事です。そして、月齢の低いうちから紫外線対策を習慣にしていきましょう。

スポンサードリンク

ベビー用日焼け止めの正しい選び方

UV効果のある安全なもの

ノンケミカルを選ぶ

日焼け止めにはローションタイプとクリームタイプがありますが、まず購入する前に確認をしたいのが「ノンケミカル」なものかどうかです。特に化学原料である紫外線吸収剤は刺激が強いために、柔らかい赤ちゃんの肌がかぶれてしまうこともありますので、かぶれる恐れがあるなら避けましょう。


無香料や無着色のものはその分、化学原料が省かれていますので、肌への負担がさらに軽くなります。また、それでも不安だという場合は、肌に広く塗る前にパッチテストを行うのもおすすめです。

ムラにならず、しっかり落とせるもの

UVの成分が、長時間にわたって肌に残ってしまうと負担がかかってスキントラブルの原因となってしまいます。のびがよくてムラにならないこと、そして、水でも簡単に落とせるタイプの日焼け止めを選ぶとよいです。洗い流した後は、乳液やクリームなどを塗って肌を保湿してあげましょう。


また、SPFの高い日焼け止めはしっかり守ってくれて効果のほうも抜群なのですが、その分、石鹸では落ちにくいというデメリットもあります。


先ほどもいいましたが、レジャーの際は、SPF30以上の高いものを使うのがおすすめですが、日常で使っている日焼け止めを2時間ごとにこまめに塗りなおすという方法も有効です。もちろん、肌を守るにはUVカットの洋服や帽子を着用させてあげるとさらに安心です。

ほかのUVアイテムも併用

ベビーの肌を守るグッズには、UV効果の高い洋服、つばのある帽子、カー用品、ベビーカー用品、水着などいろいろありますので、ネットで探してみて下さい。



また、このようなUVグッズが効果がある物を準備できないとしても、薄手の風とおしのよい長袖の服を着せるだけでも、UV対策になります。着せる色についてですが、白を選ぶと素材が熱くなりにくい反面、紫外線を通しやすくなります。反対に、黒を選ぶと紫外線を吸収するので素材が熱くなります。ですので、中が黒で、外が白いを選ぶと紫外線対策効果が高くなるというわけです。

日焼けしてしまった時の対策

うっかり日焼けさせてしまって、肌が赤くなってしまったときは、まず日焼け止め成分を落としてから冷たい濡れタオルなどで患部を冷やすようにします。そして、患部は乾燥した状態になっているので、しっかりローションや乳液を塗って保湿することが重要です。ローションは冷蔵庫で冷やしておくと子供は塗られてたときに気持ちがよく感じられます。


もしも、痛くて泣くほど広範囲にわたっているならば、すみやかに皮膚科にかかりましょう。

スポンサードリンク