赤ちゃんは虫歯にはならない?いいえ、そんなことはありません。なんと虫歯になってしまう子もいるんです。しかも原因はパパやママの虫歯菌が移ってしまってるものだとしたら?


大事な我が子の歯が自分たちが原因で虫歯菌に感染してしまう可能性があるなんてことを見落とすわけにはいきませんね。それではどうしたらそのようなことになってしまうのか?
今回は詳しく感染経路の原因やそして予防法などをご説明させていただきます。

赤ちゃんはどうして虫歯になってしまうの?

歯が悪くなる原因とは

そもそも赤ちゃんは自分で虫歯になるということはありません。それなのに乳歯が生えてきた時に、虫歯になってしまうのは、ズバリ「虫歯菌」が原因です。


虫歯菌は、歯に付着すると、まず歯垢というものを作り出します。これは毎日歯ブラシをすることで、ある程度は落とすことができますが、落とし切れないものは定期的に歯医者さんで落としてもらうことが予防に繋がります。そして虫歯菌は更に口の中の糖分を使い酸を作り上げ、歯に穴を開けてしまうのです。


この状態が虫歯であるということですね。しかし虫歯菌というものは、歯茎などに出来るものではなく、硬いもの(歯)に感染するとされているので、まだ歯が生えてきていない赤ちゃんの口の中には存在しない状態なのです。ですので、自分では虫歯にはならないのです。

じゃあ、どうやって虫歯に?


ずばりそれは、親からの感染ということになります。


感染経路は大きく分けて2つあります。


一つ目は、お父さんやお母さんが赤ちゃんにキスをして口の中の虫歯菌がうつってしまったことです。実は私も我が子には良くキスをしてしまいがち^^;ついついチュッチュッしてしまうのですが、それが原因で自分の子供を虫歯にしてしまうのは可哀想だと思い、それからは口にはしないようにしています。


そして二つ目は、赤ちゃんより幼児に多く見られる原因ですが、お父さんやお母さんの使った箸やスプーンなどで間接的に口移しをしてしまうことで虫歯菌が移ってしまったことです。


食事をしている時に、何かを小さく分けてあげるとき、子供が自分ではなかなか食べることがまだ難しくて手助けしたあげているつもりが、それが原因…なんてこと悲しすぎますよね。


なので多少手間はかかっても子供と自分が使う箸やスプーンは使い分ける習慣をつけ、大きいものは親が歯で噛み砕いて渡すのではなく包丁で最初から切っておくなど工夫してみると良いと思います。

虫歯にならないために出来る予防法

親子で仲良く歯磨き

虫歯にはいつからなってしまう可能性があるのでしょうか?それは、赤ちゃんの乳歯が生えてきて、感染してしまうと1歳前でも虫歯になってしまうことがあります。


更に乳歯が虫歯になってしまったときにでる症状は、乳歯の虫歯は大人みたいに黒ではなく白の虫歯。そして痛みが出にくい上、進行が早いので神経にすぐ達してしまうことも怖いところです。


対策としては次の3つです。

①歯磨きの習慣を子供と一緒につけること

歯が生え始めのときは、虫歯予防のために歯磨きをするというより、慣れさせることが前提なのですが、子供が大きくなってきてからは一緒に「ごはんのあとは歯磨き」など習慣をつけて歯磨きをするようにしましょう。


教育番組などでも歯磨きについては、分かりやすく説明してくれているものもあるので、子供に歯磨きをすることに興味を持ってもらい、一緒にやってみてあげてくださいね。

スポンサードリンク

②フッ素付きの歯みがき粉を使う

お子さんと一緒に歯磨きをした後は、必ずお父さんかお母さんが仕上げ磨きをしてあげてくださいね。我が子はそうだったのですが、仕上げ磨きが大の苦手だったようで毎日毎日大泣きの時期もありました。


しかし、今はもうそんな日々が嘘だったようにケロッとしていますので、たとえ仕上げ磨きの時大泣きだとしてもお子さんが虫歯にならないようにしっかり仕上げ磨きはしてあげてくださいね。


そんな時フッ素付きの歯磨き粉というものがあるので、それを使ってあげるのが虫歯予防にも繋がり、歯医者さんもおススメしています。

③お菓子を与えるのは毎日決めた時間にする

子供はお菓子が大好き。しかしお菓子を欲しがるたびにあげてしまうとキリがありません。それにお菓子でお腹いっぱいでご飯が余り食べられなくなるなど躾にもなりませんよね。
そしていつくも何かを食べ物を口にしていると虫歯にもなりやすくなってしまいます。


なので「15時のおやつ」というように時間を決めてあげるようにすると良いと思います。そして虫歯になりにくいお菓子の中で保健師さんがオススメしているのは果物やお芋など、または小さなおにぎりを握ってあげると良いとも言われています。他にも糖分が少ないベビーせんべい、歯に優しいキシリトール入りのお菓子などを選んでみたらいいと思います。


以下は世間が赤ちゃんの虫歯についてどう思っているかの意見です。

 

最後に

他にも歯が生えてきてからでも授乳をずっと続けていると、虫歯になってしまうこともあるようです。これは母乳が虫歯の原因ということではなく、離乳食などの食事をした際に歯に歯垢がたまってしまったまま、母乳をあげてしまうことが原因です。


なので、ご飯を食べた後は歯磨きをする習慣をつけていれば、授乳で虫歯になるということはありません。赤ちゃんは自分で痛いなど伝えることは出来ないので、親がしっかり気にするようにして、こまめにチェックしてあげることが大切なことです。

スポンサードリンク