どんなに明るく笑顔で毎日過ごしているママでも、育児に疲れないママはいません。

 

「私は今まで一度も育児に疲れたと思ったことないわ!」と自信をもって言えるママがいれば驚きですね。

 

「可愛いはずのわが子をかわいいと思えないし、触りたくない、見たくない」
「目の前にいるわが子に対して無表情になってしまう」
「自分の子を見るとなんだかテンション下がって落ち込んでしまう」

とマイナスの感情を持ってしまうときは、育児に疲れたママの心のSOSサインなのかもしれません。

 

自分自身で気付けばまだよいですが、気づかずにどんどん感情がネガティブになっていくとうつ病にまで発展していきます。

 

子供を育てていれば、誰にでも育児から逃げたいと思う時があります。

 

人間一人を育てていくのは単純で簡単ではないのです。

育児に疲れた、逃げたいとママに思わせてしまう原因とは?

育児に疲れたと感じさせる原因となっていることを3つ挙げてみます。

自分が自由に過ごせる時間が持てないストレス

子どもが幼児であれば、夜間に何度も起きて授乳したり、おむつ替えしたり、夜泣きしたりと夜もゆっくり休めません。

 

夜が休めないなら昼間に子供と一緒にお昼寝すればよいですが、中には昼間も全く寝ない子もいますから、そういう場合は当然休めませんよね。

 

また情緒不安な子であれば、かんしゃくも起こしますし、大泣きしたり…とご機嫌をとるのも大変です。

 

そうやって忙しく子育てをしながら、合間に家事をやっている人は多く、自分のやりたいことをする暇はなかなか見つけられません。

 

一人目の子供が落ち着いてきて、ようやく自分に時間が持てるかなって思っていたら、二人目が出来て…となるとまたもや、休めない日々が始まります。

 

自分の時間がない、休めないというのは、人間かなりのストレスになるのは当然ですし、育児から逃げたい気持ちになるのも頷けますね。

 

育児を行う達成感がない

”自分の子供なんだから子育ては自分でやって当たり前”

 

確かにそうです。

 

毎日子どものためにがんばっていても普通誰もほめてくれませんね。

 

ほめてくれなくても頑張り続けれる人、これで本当によいのだろうかと不安になる人それぞれいると思います。

 

育児書はあっても育児書どおりに子どもが成長しませんが、初めての子育てであれば、

スポンサードリンク

「なぜ、自分の子だけはオムツがまだとれないのか」
「なぜうちの子はまだ言葉が片言なのか」

と周りとつい比べてしまいますよね。

 

育児は会社の仕事と違って、目に見える達成感を味わうことがなかなかできないものです。

 

子供は間違いなく、一日ごとに成長しているのですが、その変化は目に見えづらいですよね。

 

だから、親としては、育児なんてやりがいがない、うちの子はダメだと思ってしまうのです。

 

育児の悩みを相談する人がいない

子育てって複雑で、一筋縄ではいかないものです。

 

だからこそ、周りの人の協力やアドバイスが必要なのですが、ママ友がほとんどいないと相談に乗ってくれる相手がいないので
ストレスが溜まってしまいます。

 

市町村の子育ての悩み相談などありますが、利用しないで一人で悩みを抱えている人も少なくないみたいですね。

 

まぁ、私も電話したことがありますが、実際マニュアル通りのことしかアドバイスしてくれなかったので、まったく頼りにはなりませんでしたね。

 

保健婦さんや相談員の質にもよりますが、やっぱり頼りになるのは身近な友人や隣人、実家の親です。

 

ですので、面倒でも子育てサークルに出向いたりして、なんでも話せるママ友を作る努力も大切かなって思いますね。

 

育児が嫌になる前に~パートナーに理解と協力してもらうことが大切

まず、何よりも大切なのはパートナーの方の子育てに対する理解やサポートではないでしょうか?

 

「自分は外に働きに出ているんだから子育ては全て任せる」
「一日中家にいるんだから家事までやって当然だ」
という考え方は非協力的ですし、身勝手ですよね。

 

主婦がやっている家事は価値は0円だと思っていませんか?

そんなことないんですよ。

 

内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部による調査では、専業主婦が年齢平均で304.1万円、兼業主婦が223.4万円なんです!

 

びっくりしました?それだけ家事は大変な仕事なのです。

 

それプラス大変な子育てをしているのですから、パパは仕事から帰ってきてから家事を手伝ったり、休日は子供の面倒を見たりと協力していくべきですね。

 

これが、ママのうつ病予防にもなりますし、夫婦円満の秘訣にもなりますからね。

スポンサードリンク