子育てが孤独に感じてしまうことはありませんか。日中、誰もいない時に子育てしている時の寂しさといったら表現しきれないことでしょう。常に子供に気をとられている生活は気持ちにも余裕がなくなってしまいます。

では、子育てで孤独と感じる理由や原因、それを解決するにはどういった方法があるのでしょうか。子育てをしている時の孤独について今回は書いていきたいと思います。

子育てが孤独に感じる原因

育児が孤独

子育てが孤独に感じるのはどう行った原因が考えられるのでしょうか。子育てが孤独に感じれ原因についていくつか挙げていきます。

1. 旦那が理解してくれない

旦那が理解してくれないと孤独に感じてしまう時があります。「家にいるだけなんだから大変じゃないだろう」「楽な仕事だね」などと言われたら旦那に相談したいことも相談できなくなってしまいます。
それによって. 孤独を感じてしまいます。自分一人で子育てしているような感覚に陥ってしまい、 余計に孤独を感じてしまいます。

2. 社会から切り離された感じがする

子育てをしていると. 自分の殻にとじこもってしまい. 社会からも取り残されているような気分になってしまいます。働きたいという気持ちがあっても子供が小さいうちに働くというのには無理があります。


周りが仕事をしていると余計に自分が置いていかれたような気持ちになってしまうでしょう。友達が仕事の話をしているのを聞くと自分も子供がいなかったら仕事をしたいという考えが出てきてしまいます。

3. 友達と会う機会が少なくなった

友達と会ったり、遊ぶ機会が少なくなることで孤独を感じてしまいます。友達に「いつ遊べる?」と遊べると聞かれると答えに困ってしまいます。というのも、子供はいつ風邪をひくのかもわかりませんので、いつ遊べるという明確な答えを出すことができないからです。ですから、いざ遊ぼうとなった時に断らざるをえなくなり. 余計に孤独に感じてしまいます。

4. 誰も話し相手がいない

話し相手いなかったり. 遊ぶ人もいなかったり、相談する人もいなかったりすると孤独を感じてしまいます。そして、こどもが泣いたりしてどうしようもない時も自分一人しかいないので誰にも頼ることができません。
人に頼ることができないというのは精神的にも肉体的にも厳しいものがあります。


このように孤独を感じる場面はたくさんあります。孤独を感じてしまうと常に悪循環になってしまいます。子供と二人で出かけても子供が出かけている時に泣いてしまって楽しむどころではないでしょう。


では、 その孤独を感じないようにしたり、 無くしたりするにはどうしたらいいのでしょうか。

スポンサードリンク

育児の孤独を改善するための4つの方法

子育てはひとりではできない

子育てというのは周りにいる人に助けられながら行うものです。昔であれば、おじいちゃんおばあちゃんや兄弟と大家族で住んでいましたし、近所づきあいも多かったので、子育ては母親と同じぐらい周りがやってくれていました。


ですが、今では核家族化が進み、子どもと一対一で常に孤独を感じている母親が多いです。では、 その子育ての孤独とどのようにして向き合っていくべきでしょうか。

1.外に出て気分転換

外に出てたまには買い物に行って気分転換するということもいいでしょう。外の空気を吸うのも気分転換になります。ずっと家にいては気分も参ってしまいますから、 外に出て散歩してみてリフレッシュしたり、 買い物してみたりしましょう。

2.自分の趣味を作る

子供が寝ている間に自分の趣味を作ってその趣味を楽しむことも大切です。趣味は息抜きにもなりますし、 その趣味によって友達の輪も広がることになり、 話し相手も増えていくことにつながるかもしれません。

3.一時保育を使う

一時保育を利用して一日、自分の時間を作ってみるのもいいでしょう。自分の時間をつくって、自分の好きなことをしたり、友達と遊んだりすることによって気持ちの余裕ができます。余裕ができると、孤独に感じていた気持ちも晴れるかもしれません。

4.誰でもいいので相談する

自分の持っている不安なことや心配事を誰にも打ち明けないというのが一番悪いです。悩みごとをため込むと育児ノイローゼになったり、健康を害することにもなりかねません。ですので、育児サークルのママやインターネットの育児相談掲示板やヤフー知恵袋などで相談すると、よいアドバイスも得られスッキリでき、心も晴れます。

子育ては一人で続けてもいいことは何1つありませんし、一人で続けても孤独との戦いになってしまいます。また狭い範囲での育児しかできないので、子どもがのびのび育ちません。


いろんな理由からでもやはり、息抜きは必要になってきます。息抜きをすることによって気分転換になりますし、また育児をがんばろうという気にもなりますしね。

最後に

私も子供が小さいころは一人で部屋に閉じこもって育児をしていたので孤独に追いやられていました。仕事もできない、子供はいうことを聞いてくれない、友達とも遊べない、外にも遊びにも行けないので常に孤独でした。


相談相手もいなかったので悩んでばかりいましたが、これでは自分がつぶれてしまうと思い、積極的に、子供を一時保育に預けたり、育児サークルに入ったりして、外に出かけたりすることによって気分転換になり、孤独から少しでも解放されました。


孤独は親だけでなく、子どもの心身の成長も妨げることになりかねませんので、何かしら、社会との繋がりを持っておいたほうがいいです。子育てに孤独を感じた時に何か1つでもためしてみてください。

スポンサードリンク