乳幼児ってどうしてほとんどの子がテレビに張り付くのでしょうね~。赤ちゃんがテレビの画面に顔がつくぐらい近づくので、極力テレビを見せないという人もいますが、朝夕の忙しい時間帯にはテレビに子守させておくほうがママとしては助かりますよね。


でも、心配なのは視力です。赤ちゃんは小さいうちは視力が発達していないから、至近距離でテレビを見てもそう問題ないという話も聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

赤ちゃんがテレビに近づきたくなる理由

子供がテレビに近づきすぎる

赤ちゃんはそもそも、明るいもの動くものに興味・関心を強く持つ傾向にあります。ですので、画面がめまぐるしく切り替わることに引き寄せられたり、自分の好きなキャラクター、おもちゃ、乗りものなどが映像に映ると、興味をもってもっと近くで見て確かめようとします。


ですが、赤ちゃんであればあるほど、視力がまだ未発達でよく見えていないことが理由で、TVに近づいていることもあるみたいですね。

子供の視力への影響

テレビに近づいてみても、それが直接、視力の発達に悪い影響を与えることはないとわれていますが、長時間にわたってビデオやテレビ番組を見たり、フラッシュのある画像を見たりしていると、多少関係してくるようです。ですが、正確な視力とテレビとの関係を研究したデータはないので、できるだけ避けた方が無難だといえます。

乳幼児期に心配なのは「遠視」や「乱視」

私たちは目が悪くなることは、「近視になる」とイメージしがちですが、特に乳幼児期には「弱視」になってしまう可能性がある「遠視」や「乱視」に注意を払うことが大切です。


つぎのような見方をしている場合は、視力が悪いかもしれませんので、早めに眼科を受診するようにしましょう。


(1)目を細めて画面を見る
(2)あまりにも極端に画面に顔を近づけて見続けている
(3)顔を傾けたり、横目使いしたりして画面を見ている

だいたいテレビから2~3メートルぐらい離してみるのがよいですが、30分上みたらいったん休憩をはさむようにしましょう。


テレビをつけているときは、赤ちゃんをひとりにしないで、親もなるべく近くで一緒に見るようにすることが大事です。そして、離れていても必ず目の届く範囲で、すぐに近寄れる場所にいてあげることが大切です。子供が言葉が話せなくても「テレビは離れてみようね」と何度も声をかけていると、テレビを近くで見てはいけないものだと理解していきますよ。

スポンサードリンク

赤ちゃんをテレビに近づけないようにするには

視力が落ちる

赤ちゃんがテレビに近づいて見てしまうときは、まずはなんども声かけをして近づかせないようにしましょう。テレビをみるときのイスを特別に用意して、ちょうどよいところに置いて「テレビをみるときはここに座るんだよ」と教えてあげます。


うちの場合は、テレビをつける前に「はい、ソファーに座ってね。それからアンパンマンをかけるよ」っていっていました。椅子にちゃんと座ることができれば、テレビが見られるという順だったので近くで見ることがありませんでした。


乳幼児は動ける範囲も限られますし、突然テレビに飽きておもちゃで遊び始めることもあるので、長時間固定して座らせないことも大切です。


また、以下のような工夫も有効です。

テレビの前にベビーサークルや柵を設置する

物理的にテレビに近づけないようにしてしまう方法なので、親も何度も「テレビに近づかないで」と言われなくてもいいので楽です。例えば、柵のほかにも台や段ボールでガードするというアイデアもあります。私も私もママ友も自分の子供に試したときはかなり有効でしたよ。

テレビボードをあえて高くする

ローボードのテレビ台が主流ですが、赤ちゃんが届きにくいものにすることで、赤ちゃんが画面の目の前に立つのを防げます。

近付いてきたらテレビを消す

赤ちゃんは興味のある番組が映るとつい夢中になりすぎて、画面に寄っていってしまいます。そのときに、テレビを消して「近くて目が痛くなるから、あの椅子まで戻ろうね」と近すぎることを教えます。それでも理解してくれなかったら、何度も何度も同じことをやってみましよう。大事なのは感情的にならないように淡々として同じことを繰り返すことがポイントです。地べただとすぐにTVに近づこうとするので、指定椅子を用意してあげるといいでいす。

まとめ

いくつか方法を紹介しましたが、子どもによって効果が現れる方法が異なるので、ダメだったらいろいろ試してみるのがいいと思います。テレビやビデオが好きな子供は、泣いて暴れることもあります。ですが、そこで親がかわいそうだと思って妥協するとこの癖はいつまで経っても治りません。


根気よく「後ろに下がったら見れるよ」といって決して感情的にならないようにすることが肝心です。もちろん画面との距離が近いことは問題ですが、それ以上に視聴時間が長いと目に悪影響を及ぼすしてしまいます。ですので、テレビを見ているときの幼児の姿勢や目つきにも気を配ることも親の大事な役目だといえます。

スポンサードリンク