子育てしながら外で仕事するのは大変です。

特にフルタイムだと家事、仕事、子育てに追われてしまうのでかなりの体力と強い精神力がないとうつ病など精神の病にかかってしまいます。

 

なので、子供が2~3歳ぐらいになったら、在宅で仕事ができたらなと思うママは多いようですね。

 

在宅ワークのチラシやネットでの広告は多くどこでも見かけますが、「これ本当に信用できる?」「安全なの?」と判断に悩むものばかりです。

 

今回は、在宅で仕事しながら子育てをするメリットと、安心してできる子育てママのための在宅ワークについて語っていきますね。

 

在宅で仕事すると子育てにこんなメリットがある

子育てと在宅仕事

キャリアウーマンという言葉があるように、女性も男性と同じくやりがいのある仕事を長く続けていきたいと思うようになってきました。

 

ただ、キャリアを積んでいくには会社に所属する必要がありますが、「出産」「育児」をしなければならない女性にとってはそれはデメリットとなります。

 

出産か、社会でのキャリアアップか、どちらかしか選べないとなると女性にしてみればかなり苦しい選択です。

 

ですけど、もしも自宅で仕事ができれば子育ても仕事も両立させることができますよね。そこで、在宅ワークのメリットを挙げてみました。

 

①時間が自由に使えること

子供が病気になったときに、誰にも気兼ねすることなくすぐに幼稚園や学校に迎えにいけ、その足で病院にも行けます。また、子供が熱を出した時も傍についていながら仕事をすることができます。
②子育てに余裕が生まれる

仕事も子育て、それに家事も…となるとパニックになりがちで子供が何か聞いてきても「後でね」「そんなの知らない」って余裕を持った会話ができないことが多々あります。ですが、家にいながら仕事ができると、気持ちに余裕をもってコミュニケーションをすることができるので、子供の情緒安定にもつながりますし、宿題もしっかりみることができます。

 

またデメリットもあります。

どうしても仕事を始めたときは収入が安定しません。ですが、これは根気よく頑張り続けたら伸びていくので自分次第ですね。それに基本的に在宅ワークは自分ひとりでやっていくのでサボりがちになりますので、しっかり作業計画を立てて時間を管理していくことが成功の肝となります。

 

子育てしながらでも安心してできる在宅の仕事とは

スポンサードリンク

①データ入力

パソコンのタイピングが早く正確に打てる人に向いています。内容としては、指定されたことをエクセルなどのフォーマットに入力していくだけのシンプルな作業です。依頼主によって報酬は異なりますが、例えば100件入力して3000円ですので、お小遣いが欲しいと主婦には人気の内職です。根気があって、ルーチンワークが苦にならない人にとってはオススメです。

 

②記事作成やライティングの仕事

経験不要、初心者歓迎という募集が多いです。美容、健康、投資など様々な分野があるのですが、自分が関心のあるジャンルの体験談や知識を文章にするだけです。

自宅で記事を作成したら、パソコン上で納品するだけの簡単作業ですので、文章を書くのが苦にならない人や、普段からSNSやブログなどで投稿している人にはピッタリです。報酬は1文字1円~3円程度が目安。

 

③オークションに出品

特別なスキルは一切なし。まずは自分の不用品をヤフオクなどに出品して売ることから始めましょう。中古品を仕入れて売る場合は、目利き力が必要です。

 

④手作り雑貨をネット販売

手芸や手作りが好きな人、趣味でやってる人は、ネットショップを作ってそこで売るといいです。集客については、SNSなどを使って人を集めて呼び込むと口コミで広がっていきますよ。

 

こんな風に色々な在宅ワークがあります。

 

クラウドソーシング(不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得する)のサイトでどんな仕事があって自分に向いてそうなものを選んでみるといいです。

有名どころは
ランサーズ http://www.lancers.jp/
クラウドワークス https://crowdworks.jp/

 

「資料請求」させる在宅ワークはとても危険

こういうキャッチフレーズには十分注意してください。

「1日数時間で高収入!」
「3クリックで20万」
「権利収入が振り込まれる」
「ラクして月30万円!在宅ワークのヒミツ」
「月収50万円も可能!」

甘い謳い文句で騙そうとしている業者が多く内職商法と呼ばれるものです。

 

登録させられて、1万円の登録料を払わせられたとか仕事をするのに自費で3万円の〇〇を買わせられたとか良くある話です。

 

資料請求といっておいて、氏名、住所、電話番号などの個人情報を登録させることがほとんどですので、資料請求という在宅ワークは要注意です!

スポンサードリンク