三つ子の魂百までということわざがあるように子育ては3歳までがとても大切だと言われています。

 

ざっくりいうと「3歳までに作られた人格は、簡単に変わることもなく大きくなっても変わらない」という 意味なのです。

 

人格の基盤が作られるのが生後3年だと言われていて生まれてからの3年間でいろんなことができるようになります。

 

自分で歩けるようになり、走れるようになり、言葉を理解して、コミュニケーションが取れるようになります。

 

素晴らしい人格の基盤を作ってあげられるのは親が3歳までの子育てをどれだけ大切にできたかということになるのです。

 

3歳までの子育てで大事な3つのポイント

3歳 子育て

0歳から3歳までは急激に成長していくので、気を付けないといけないポイントがたくさんあります。

ですが、基本的に親が子供への接し方は0歳でも3歳でも同じですのでそれをお伝えしていきますね。

 

たくさん話しかけてあげる

お母さんがまだ言葉を話せなくても、たくさんの言葉をかけてあげましょう。

 

例えば 、「今日はどんな遊びをしていたの」「楽しかった?」「お花が咲いているね」「空が晴れて気持ちがいいね」など話すことは何でもいいです。

 

お散歩しながら話しかける、ちゃんと目を見て話しかけることが大切なことです。

 

子供さんの五感を刺激して より多く触れ合って一緒に遊んであげることが 成長にも大きな影響を与えるでしょう。

 

スキンシップをたくさんとること

自己肯定感という言葉があります。

 

この意味は自分は大切な存在存在価値があると感じる気持ちのことを指します。

 

自己肯定感が低いと「自分はダメ人間だ」と思ってしまい、人に嫌われているのではないかと考え、失敗した時に立ち直るのに時間がかかってしまうこともあって自分を最終的に追い込んでしまいます。

 

子供にどれだけ大好きなのかを言葉でちゃんと伝えて、一緒に散歩に出かけたりスキンシップをたくさん取ることで子供は自分はパパやママに愛されていると自信を持つことができその自己肯定感が育ちます。

 

スキンシップがあれば、激しい子でも情緒が落ち着きます。

毎日しつこいぐらいギュッとしてあげるといいですよ^^

スポンサードリンク

 

子供の気持ちを 考える、見守る

子供の好奇心を育むためにも、親が「これはダメ」「あれはダメ」ダメ出だしすぎるのはよくありません。

 

もちろん、危険なことには親は十分注意を払いながら見守ってあげますが、常に子供のやってみたいっていう気持ちを優先させます。

 

子供は考えて何かを成し遂げるような遊びの場面でも親は消して答えをすぐに教えるべきではありません。

 

子供は自分で考えて行動することでその可能性や想像力を伸ばして行くのです。

 

3歳までに子どもを保育園に預けるのは良い?悪い?

子育て 保育園

子供が1歳ぐらいになってすぐに仕事復帰する人も多くなってきています。

 

3歳までの子育てはとても大切ですけれども必ずしも家庭で育てる必要があるということではありません。

 

保育園に預けなくて、家庭で育てるとしても、ママが育児ストレスでイライラしていたり、妹や弟の世話で追われて上のお子さんを放置していたり子供にちゃんと構ってあげなければ結局寂しさや
不安感が残って成長に ダメージを与えます。

 

保育園に子供を預けるということは、プロである保育士さんに診てもらうということになりますし、同年代の子供さんと 触れ合う機会を持って早くから社会性を身につけることができるというメリットもあります。

 

ですが、1日働いているママは帰宅してからの子どもとの時間や休日より大切することが必要です。

 

疲れていても子供を抱き締めて、遊んであげることです。

 

大抵の子供は絵本が大好きなので 寝る前でもママから本を読んでもらうその時間というのは子供にとっても安らぎの時間になります。

 

たとえわずかな時間であっても 子供とのスキンシップやふれあいの大事にしてたくさんの愛情を注いであげることです。

 

専業主婦であるママは 子供と丸い1日過ごすことでストレスが溜まって育児ノイローゼになることもありますのでうまくリフレッシュして いつも心に余裕を持つようにしたいですね。

 

まとめ

子供が生まれてからの三年というのは本当にあっという間に過ぎていきました。

 

どんな声をしていたのか、どんなしぐさをしていたのか忘れるくらい時の流れは速かったです。

 

私が後悔しているのは、いつもにこにこ笑顔で、たくさんスキンシップをとって愛情をもっともっと注いであげれば良かったということ。

 

時間は元に戻せません。

どれだけお子さんのことが大事かそれだけ 愛しているかしっかりスキンシップをしたり言葉で伝えてあげてお子さんの心を 良い方向へ育んであげて下さいね。

 

スポンサードリンク