私が住んでいる地域は、田舎でもなく都会でもなくちょうどいい感じなのですが、最近では公共のバスの本数が少なくなりました。というのも、ここ15~20年で車の乗ることが当たり前になってきたからです。今では各家庭に2台は当たり前、多いところで4台持っているところもあります。それほど、車って便利なものですし現代の生活になくてはならないアイテムです。


もちろん、子育てするなら絶対必要だといえます。病気になったらすぐに小児科に連れていけるし、ぐずってどうしようもなくなったら車に乗せてドライブしてご機嫌をとるってこともできます。私の子供が1,2歳の時はお昼寝させるためによくドライブしていました。そんな使い方もできるわけです。


便利なものだけど、車検代、ガソリン代、オイル交換代、重量税…車をもつといろんな出費があって維持費がかかります。それに車の保険にも入らないといけないので、家計をやりくりしながら子育てしている家庭では結構痛い出費ですよね。


便利さを選ぶか、節約を選ぶか、各家庭それぞれ考え方が違うと思いますが、今回は、子育てに車を持つ必要性を感じるときや選び方について語っていきますね。

子育てに車が必要と感じる5つのシーン

子育てに車は必要か

車があってよかったなーって思える時ってどんな時でしょうか。車をもつメリットをあげていきますね。

1.遠出する時

遠出する時に子供が小さかったり、何人もこどもがいたら新幹線移動や飛行機での移動はとても大変です。子供が泣いたり、オムツ交換しなくてはならない時など、新幹線や飛行機ではトイレに移動してオムツを替えたりしなくてはなりません。また、子供がぐずったり、泣き始めたら他のお客さんの迷惑につながるのでそれも親としては気が気でなりませんね。


ですが、車だとそういった場面ではとても便利です。オムツは後部座席で車を停車させてから替えればいちいち移動しなくても済みます。また、子供が泣いても車の中なので誰にも迷惑をかけることがありませんし、
子供の機嫌にあわせて好きな時に休憩できるというメリットがあります。

2.急病になったとき

先ほどもちらっといいましたが、病気になったときに車がないと大変です。私が子供のころは車がなかったので、母がバスで私を連れて小児科にいっていました。片道30分はかかるので、高熱のときはしんどかったのをいまでも記憶しています。


ですが、今は時代が違って、車ですいすいといくことができるようになりました。当時の私から見ると現代っ子はうらやましいです!子供が病気のときはいつも、本当に車があってよかったなって親の私は思いますね。

スポンサードリンク

3.天候が悪いとき

大雨がふったときや、雷雨のときは、車は便利アイテムです。子供さんが小学生や中学生であれば、そんな天候の中、登校するのはかわいそうだと思い、ついつい車で学校まで送ってあげがちです。私も最近まではそうしていました。


ですが、校長先生から「風雨で学校に歩いていくのが大変でも、親は送迎しないでください。子供たちはどんな天候の中であっても歩いて心身共に鍛えさせることが大切なんです。今がんばったことが社会にでたときに役立ちます。」といわれて送るのはもうやめようと思いましたね。
確かに、子どもが社会人になったときに、「雨がいやらしいから会社に遅れていこう」とか「雪が降って寒いから会社さぼっちゃえ」とか思うようになったら親の責任ですものね。ちゃんと教育してなかったってなりますから^^;

4.子供の人数が増えた時

自分の子供が2,3人と増えていったときに、やはり車があるとなにかと便利です。保育園や幼稚園が近くにあれば歩けますが、離れているときは車じゃないと大変ですから。

5.買い物する時

買い物する時に子供を抱えて、荷物を持って家に帰るのはとても大変です。ましてや、その日が雨だったりすると傘も差さなくてはならないので、ママは四苦八苦してしまいます。ですが、車なら大量の荷物でもカートからおろせばいいですし何軒もはしごすることができますからね。


といった感じで、車ってやっぱりないと暮らしていけません。(都心部は別ですが)維持費は確かにかかりますが、それ以上に得られるメリットが大きいです。それと、ペーパードライバーの人は、車に乗らないっていうのは本当に勿体ないっていつも思います。ペーパードライバーの人が大きな荷物を一生懸命両手いっぱいにもって歩いている姿をみると、すごく不思議に感じられますね。

子育てをする人にオススメしたい車の選び方

子供のいる家庭で「車を買おう!」という話がでたとき、どんな車を買うのがベストなのでしょうか?
子育てにオススメな車とその車の選び方について紹介していきます。

7、8人乗りの普通車

子供が3人いる家庭は7、8人乗りの車をオススメします。家族5人で普通車だときちきちになりますので、少し余裕を車内空間にもたせるとよいです。それに、赤ちゃんであれば後ろでオムツ替えを楽にすることができますからね。

スイスイ乗り回せる軽自動車

軽自動車は子供がすでに大きいか、子供が一人しかいないという場合にオススメです。また、車の維持費についても、今の軽自動車は燃費もいいですし、経済的だといえます。

地球にエコなハイブリット、電気自動車

ハイブリットや電気自動車は車本体の価格は高いですが、ガソリン代、電気代などが安いので長い目でみればそんなに家計を苦しめる車ということでもないです。しかも、静かで騒音も気にならないのでご近所を気にする場合や住宅街に住んでいる家庭にぴったりだといえます。

スポンサードリンク