「子どもが生まれたらおれもしっかり強力するよ」という旦那さんの優しい言葉を信じて、いざ出産してみれば「子育てなんて面倒」といって全然協力してくれないという旦那さん多いですよね。

 

私の知り合いの旦那さんも、子どもが泣いてうるさいから休みの日は外にひとりで出てなかなか帰ってこないらしいです。めちゃくちゃ自分勝手ですよね。

 

子育てって思った以上に大変極まりないですが、それプラス家事もこなさないといけません。

 

育児と家事で一日が終わってしまうぐらいに忙しいのに自分のことだけ考えて協力してくれない夫にはイライラ、確かに腹が立ちますよね。

 

「あなたも協力してよ」と何度いってもまったく逃げてばかりでやってくれない旦那さんもいますから。

 

そんなイライラさせる原因を作る旦那に対して少しでもストレスを軽減させる方法を今日はお伝えしていこうかと思います。

 

どうして子育てでイライラさせられるのか

子育てストレス

とにかく、子育てって育児本通りにいかないので、
「どうしてうちの子だけは〇〇ができないの~」ってイライラしちゃいます。

 

例えば、一生懸命寝かしつけてもなかなか寝てくれない。

 

この悩み多いのではないでしょうか。

 

良く寝てもらうにはお日様の光を日中に浴びせたらいいといわれますが、
公園で力いっぱい遊ばせたりしてもお昼寝しないし、夜も寝つきが悪い
という子供もいます。

 

私もわが子が生後半年~3歳半ぐらいまで
毎晩1時間半添い寝していましたが、寝てくれませんでした!

 

夫も寝かせるのに協力しないでパソコンばかりやっているし、
自分の時間がなく私はイライラしていましたね。

 

さらに夜泣きでも何度か起こされましたし、ストレスが溜まっていました。

 

また、好奇心旺盛な子供の場合、心配で目が離せないっていうのも悩みですよね。

スポンサードリンク

 

1歳までの間は、窒息や誤飲などで目が離せないし、
1歳になったらなったで歩きだし行動範囲が広がってくるので
常にみておかないといけませんよね。

 

とにかく、乳児、乳幼児の身の回りのお世話が大変なので、
一日終わるころにはへとへとになってしまいます。

 

旦那に対するストレス解消法

子育てストレス解消法

ストレス解消法は人それぞれだと思いますが、

・自分へのご褒美の高級スイーツを買う
・とことんひとりでショッピングを楽しむ
・仲の良い友達に夫のことを愚痴る、相談に乗ってもらう

などがよいですよね。

 

この日だけは絶対夫に子供の世話をしてもらうと決めて
定期的に外出するのもストレス発散の良い方法です。

 

夫婦なんだから子供を育てる責任も半分半分なので
遠慮せず割り切ってやってもらうほうがいいですよ。

 

ミルクをやって、オムツを変えて、お散歩に連れて行って…
と細かくマニュアルを書いて本人に渡して
外出中も時々、連絡を入れればママは安心ですね。

 

自分をリフレッシュする時間を定期的にもつことで、
旦那さんにも優しくなれますし、夫婦関係も円満になるはずです。

 

また家に帰ってきてから子供がさらに愛しく思えます。

 

さらに、旦那さんにも育児の大変さを知ってもらう機会となるので
奥さんのイライラもそのうちなくなるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク