初めての赤ちゃんであれば「子供のためにたくさんの物を準備しておきたい」と思うパパママは多いです。

 

私もそうでした。子供が生まれるということでうれしくて舞い上がってしまって沢山のベビー用品を買った覚えがあります。

 

ですけど、よく考えれば子供ってすぐに成長するので、新品の子供服やおもちゃはそんなにいらないんですよね。

 

それに、小学校に行きはじめたら、お稽古ごとや教育費にお金をかけないといけないので、そのためも日々節約しながら本当に必要なお金だけを貯めていきたいですよね。

 

節約といっても毎日が苦しくなる、ストレスがたまるような節約術はいらない。

 

子育てを楽しみながら余裕をもって節約するという方法をお伝えしていこうかなって思います。

 

子育てにかかる費用の節約術~幼児、乳幼児

乳幼児や幼児なら、ミルク、おむつ、おもちゃ、子供服…などにお金が結構かかります。

 

合わせると月10000円ぐらいかかってしまいますが、日々工夫することで、月3000円以下に抑えることができます。

 

ミルク代を節約する

母乳が出ないならミルクは仕方がないですが、ミルクを使わないほうが経済的にもいいですし、赤ちゃんの健康にもよいです。

 

母乳には栄養がミルクよりも多く、いつでも子供に与えることができまたママのダイエットもサポートしてくれるというメリットもあります。

 

子供服やおもちゃを節約する

自分の子供には可愛くて新品の服を着せたいと思う親は多いですが、子供服ってあんなに小さいのに結構高いです。

 

なのに、子供は成長が早く、買ってもすぐに着られなくなりますよね。

だから、新品をすぐに買うのはもったいない!

 

ママ友やフリマ、ヤフオクなどで子供服を安く仕入れるほうがよっぽど経済的。

 

服なんて100円以下で手に入れることができますし、おもちゃや絵本だってかなり安く手に入れることができます。

 

反対に、新品で自分が子供服やおもちゃを購入してしまったとしても、それをオークションやフリマで売ってお金にする方法も結局節約につながりますからね。

スポンサードリンク

 

だから、子供服やおもちゃ、本は基本的にリサイクルするだと思って購入しましょう。

 

おむつ代を減らす

紙おむつは便利ですが、月5千円は普通にかかります。

 

ですので、節約を考えるならば、昼間は布おむつ、夜だけ紙おむつにするとぐっとおむつ代を減らすことができます。

 

それに、子供も早くおむつが取れるようになるので一石二鳥です。

 

子育てにかかる費用の節約術~児童の習い事

子供が幼稚園年長ぐらいになると、親は習い事や勉強をさせようかと考えるようになります。

 

何か習い事を…と考えるときは親が決めるのではなく、子供が興味を示すものにしたほうがいいですよ。

 

子供が自分の意志で決めるほうが、伸びなくても自分から辞めたいといわないですし、比較的長続きするようです。

 

習うものによりますが、平均月5000~7000円ぐらいの月謝なのでできれば公民館などで行われている児童用の教室を探すようにしましょう。

 

市町村が関わっている教室の月謝は普通の教室よりも断然安いですからね。

 

また、低学年のうちは算数と国語を、親は自宅で教えられると思います。

 

私も毎晩1時間ほど横について教えていますが、子供の成績はクラスでも上位になってきました。

 

公文教室や塾に通わせるのは本当に勿体ないので、教えられる範囲は親自身が教えることです。

 

市販の問題集を10冊買って1年間それを使っても1万円もかかりません。

 

安上がりなので勉強を教えるのは面倒だとか言わずに子供が小さいときは親が30分でも横について教えてあげましょう。

 

子供も喜びますし、集中力も高くなりますからね。

 

こうした工夫を生活の中に取り入れることで、無理に意識して節約しなくても、自然と無駄な出費を減らすことにつながっていきます。

 

節約するとなるとなんだかストレス溜まりますからね。

 

子どもが独立するまでの期間は長いですし、教育費をはじめとする多くのお金が必要となります。

 

なので、メリハリある子育ての費用のかけ方を早く学んで、きちんと貯められる家計を維持していくように心がけましょう。

スポンサードリンク