子育てをしていると、子供が成長し、年齢の時期によって悩みも変わります。そしてそれは子供によって様々。


子育ては子供が失敗しないようにするのを教えることではなく、子供が失敗した時にどうすればいいかを考えられるようにすることを教えるものだと思います。今回は子育ての成功とは?についてのお話を詳しくさせていただきたいと思います。

親が子供にしてあげられることとは?

育児としつけ

人は皆、社会の中で生活をしています。その中には最低限の常識であるマナー、すなわちルールが存在します。皆さんも自分自身、今日まで色々な人に助けてもらい様々なことを学び、経験を重ねて大人になりました。
「自分の子供にはこうであってほしい」という理想は自分の経験からなるものだと思います。


しかし、子育ての理想と現実は異なります。「どうしてこんなことができないの」「何度も言っているのにどうして分からないの」そんなことの繰り返し。それで親は悩んでしまうのです。ですが子育てというのはそうゆうものです。


昨日うまくいったことが今日はできないこともある。その逆もあると思います。毎日毎日きっと違うから、違う発見があり、大きく考えるとそれが醍醐味でもあると思います。


子供が生活をする中で、小さなことでも困難に立ち向かった時に「どうしたらいいのか」ということを考える大切さを教えてあげるのが親の役目。親が子供のためににできることは、子供と同じ目線になって考えてあげること、これにより子供の気持ちがより理解できます。


他には家の中での大まかな習慣を身につけさせること(大まかに何時には食事の時間、何時になったら寝るなど)これにより子供は協調性を学びます。子供との約束は必ず守ること、これは子供との信頼関係を築く大切なことです。


スキンシップを忘れないこと、子供とのコミュニケーションは親から子の愛情表現の一つです。優しく思いやりのある子に育ちます。この4点はぜひ参考にしていただきたいと思います。


しかしご家庭によってしつけというのは異なるので、「こうでなければならない」ということはありません。家庭の中で重視することは何なのかを子供にしっかりと伝えてあげること、それが重要なことです。

「しつけ」と子育ての成功

子育てが成功する秘訣

スポンサードリンク

子供はまだルールを理解することができません。自分はやりたいのに上手くできない、伝えたいのに上手く伝えられない。親が悩んでいる時には、きっと子供自身悩んでいることも多いはず。そこで子供の状況から気持ちを理解してあげることが大切なことです。


例えば、夕方帰宅時の電車やバスの中で、ベビーカーに乗っている子が、グズっちゃったり泣いちゃったりしてしまうとお母さんはとても焦ってしまいますよね。さらに世間の目は冷たく、顔には「うるさいなぁ。早く何とかしろよ。」と露骨に書いてあるような目つきで、周りの人は迷惑そうな態度をとります。


子育てをしていると子供がグズるなどのことは常に日常茶飯事なのですが、電車やバスの中では家の中とは状況は全く異なります。なのでこの時親が第一にしなければならないのは、子供を静かにさせることですよね。


子供自身がグズったり、泣いてしまうのは仕方なくても、社会の中のマナーだからです。「普段はこの時間にはお菓子はあげない」というしつけでも、きっと子供は眠かったり、お腹がすいちゃったり、何か理由があってグスってしまっているので、お菓子を与えて電車やバスに乗ってる間静かにしてくれるならと妥協をすることも子育ての中には必要なことです。


そして最も大切なのは子供が落ち着いてからしっかりと「電車の中では静かにしようね」と教えてあげることです。それとは違い、危険なことをしようとしている時には即座にキッパリと注意することが必要になってきます。
しっかりとメリハリをつけることによって子供もちゃんと理解することができるようになります。


さらに、一概にしつけといっても一日中一緒にいるお母さんと、休みの日と仕事に出て帰ってきてから少しだけ関わることができる(または休みの日以外は会えない)お父さんでは全く違うと思います。ですが、それでいいと思います。


例えばごはん中に子供がソースを振り回していて、お母さんだったら注意をすると思います。ところがお父さんは「ソースかけてくれてありがとう」と言いました。そうすると子供はニコッと笑って振り回すのをやめていました。お母さんはこの時子供も怒られるために振り回しているわけではないということに気付いたとのこと。このように夫婦二人で子育てをしているからこそ、お互いの価値観に違いはあります。


しかしそれによって子供の価値観も広がり個性になるなのです。

最後に

結論から言いますと、子育てはこれをすれば成功であるという模範解答があるのではありません。なので失敗もありません。それぞれが正しいと思うことを子供と一緒に学びながら、共に成長していくことこそが子育てだと思います。


子供は親の理想通りには育ちません。子供の力は無限大。それを、信じ支える気持ちで難しくは考えないことです。失敗を沢山しましょう。その分色々な見方ができるようになって自分の可能性や価値観の幅が広がります。


子供には失敗を恐れず沢山チャレンジして大きく育っていただきたいですね。

スポンサードリンク