結婚をして夫婦2人で生活をしている時の世帯年収は400万円程あれば、少しの工夫や節約をすれば無理なく楽しく暮らせることが可能です。しかし子供が産まれると生活は一変。


子供の成長と共に喜びも増えますが、同時にお金もかかりますよね。子育て世帯の平均的な年収はどのくらいあれば夫婦2人の時同様、楽しく暮らすことが出来るのでしょうか?

今回は子育て世帯の年収について詳しくお話ししたいと思います。

子供が幼稚園から大学生になるまでにかかる教育費

子育ての世帯収入

「子供1人1000万円」ということはよく聞きます。


ですがそれは子供の進路によって様々なので、一概には言えることではありません。しかし自分の子供には、十分な教育を受けさせてあげたいと親であれば誰もが思うのではないのでしょうか?そのためには多くの資金が必要になります。


まずは幼稚園。私立と公立の幼稚園に行くのにかかる費用は、私立の幼稚園方が3年間約146万円に対して、公立の幼稚園は約69万円。私立の幼稚園の方が公立の幼稚園よりも2倍多くかかります。


次に小学生になったらどうでしょうか?私立の小学校は6年間約853万円に対して、公立の小学校は約183万円。私立の小学生は、公立の小学校よりも、かかる費用がおよそ4.5倍!幼稚園に比べて小学校は6年間通うので、大幅に変わってくるのです。


次に中学生。私立の中学校は3年間約388万円に対して、公立の中学校は約135万円。こちらも2.8倍近く変わります。


そして高校生。高校は義務教育ではなくなり、入学するためには受験をすることになるので、私立高校への入学者は、①私立高校を専願入試し入学する人、②併願入試をし、公立高校を希望していたけど不合格だったので私立の高校に入学するというパターンがあるので、どちらに入学するかは子供次第ですよね。私立の高校は3年間約290万円に対して、公立高校は約116万円。約2.5倍です。


そして更にその後は、大学へ入学したり、専門学校へ入学したり、働いたりする人で様々だと思いますが、今回は大学へ行くというパターンで考えていきます。大学にかかる費用として分けられるのは3パターンです。


それは、国公立の大学なのか、私立の大学なのか、そしてどの学部に入学するのか?それにより異なります。国公立の大学の4年間にかかる費用は約518万円。私立の大学(文系)は約690万円。私立の大学(理系)は約812万円。国公立の大学は、文系も理系もほとんどかかる費用は変わりません。


ここから分かるのは、文系であれば私立の大学と国公立の大学の差は約170万円に対して、理系の差は200万円以上だということです。


ここまで見てきて結論から言いますと全てが公立の場合は、かかる費用が約1000万円、全てが私立の場合、2500万円かかるということが分かりました。


子供の行く先の進路によってかかる額は大幅に変わります。中でも最もかかるのは大学。子供を希望の進路に進めさせてあげるためにも大学生までにコツコツと資金を貯金することが必要なのです。

スポンサードリンク

平均世帯年収からみた子育て世帯の厳しい現実

子供の教育費

2016年の年齢別の平均年収は、「20代」が前年度から4万円アップの354万円、「30代」が10万円アップの467万円という結果になりました。20歳~38歳まではあらゆる年齢で前回と比べて平均年収が上がっています。


しかし前年度に比べアップしているのにも関わらず、子育て世帯の年収は厳しいのが現実です。子供がいる世帯の63パーセントが「厳しい」と感じているようです。


年収というのは手取りではなく、そこから保険やら所得税、住民税などが引かれ、手取りは75パーセント前後です。手取りが25万円、片働きの20代の家庭だとしたら、住宅ローンや家賃、食費、光熱費、娯楽費、学資保険や、幼稚園費、贅沢は全くしていないのに貯金が全く出来ず、赤字になってしまいます。


さらに子供が大きくなると食費が更にかかってしまうため、満足のいく生活はなかなか出来ないということになってしまうのが現実です。そうなると、大学生までに貯めておきたい資金どころか毎日の生活をするだけでいっぱいいっぱいなのです。


昔は、「男が働き、女は家で家事」が一般的でしたが、今は共働きをしなければ厳しいのが現実です。


近年でイクメンやら男性も子供が生まれる前と後、育児休暇をとったりと昔とは遥かに子育てについての見方も変わりつつあります。しかしまだ子育ては女性がするものだというイメージは消えるものではありません。むしろ当然だとまで思ってる方もいるでしょう。


しかし共働きが当然になってきている現状、協力し合うことが最も大切です。なので、共働きで豊かな生活を手に入れるためには男性が育児と家事を積極的に行い、少しでも夫婦で協力、女性の負担を軽くしてあげること、決して無理をさせないということが不可欠になってくるのです。

満足できる子育て世帯の収入はいくら

目安としては世帯年収が700万円あれば人並みに満足のできる生活をすることができるとも言われています。


しかしそれは人によって満足する度合いが様々なことや、将来の子供の希望する進路によっても変わってくるので一概にいくらとの結果は出せません。


高収入に越したことはありませんが、それによって好き勝手いろいろ使ってしまっていたら元も子もないですし、年収が低い世帯であっても、節約を上手にして満足に暮らしている人も少なくはありません。
将来のためにも現状や先にかかるお金の事を計算して上手に向き合うことが大切なことだと思います。

スポンサードリンク