赤ちゃんの笑顔はだれでもとても癒されますよね。大人に生きる希望やパワーをくれる不思議な力があると思います。赤ちゃんは存在そのものが天使のようで癒されますが、やはり笑ってくれるとその顔は格別。


ですが、中には笑わない赤ちゃんだっているわけです。よその子と比較して「あれ?うちの子は全然笑わないかも…」と思うと気になってしまいますよね。今回は、赤ちゃんが笑わないことに対しての考えられる原因や、「もしかして病気なの?」と気になってる方のために詳しく赤ちゃんの笑顔事情をご紹介させていただきます。

赤ちゃんの月齢別笑顔の種類

乳幼児の笑顔

赤ちゃんは月齢によって様々な変化がおきたり、できることが増えるように笑顔も変化の一つです。笑顔には、新生児微笑、社会的微笑、社会的選択的微笑という3つの種類があり、成長の3段階に分かれます。


新生児微笑とは、産まれてから生後2ヶ月くらいまでに見られるもので、赤ちゃんが「にこー」と微笑んでいるように見えるものです。これは赤ちゃん自身に笑っているという意識はなく、神経の反射で顔の筋肉が動くことにより、微笑んで見えるのだとか。


私も我が子が生まれて何日か後、新生児微笑があったので「笑った!」とすぐ写真を撮ったのですが、その時は新生児微笑を知らなかったので、後々「神経の反射だったのか…!」と思いました。しかし一度見たら忘れられないまさに”天使の微笑み”なので何度も見たくなってしまいますね。


そして次に社会的微笑


こちらは生後3ヶ月から5ヶ月くらいの期間の赤ちゃんに見られるものになります。この頃の赤ちゃんは、目もだんだん見えるようになってきて、周りの人に微笑まれると微笑み返すようになります。


たくさん笑う時期なので、お出かけ先で微笑んでくれた方に微笑み返し「愛嬌がいいね」と言われる機会も多くなるのではないでしょうか。新生児微笑の神経の反射のようなこととは違い、あやすとキャッキャッと声を出しよく笑うようになります。


笑う意思がはっきりしていることがこちらにも分かるのでついつい見たくなってしまいます。


そして社会的選択的微笑


生後6ヶ月~見られるものです。ちょうど人見知りがはじまるころで、ママやパパなどお世話をしてくれる人に良く微笑むようになります。つまり赤ちゃんの中で人の認識がしっかりと出来るようになってきているということですね。


私の子供は、このくらいの時期から、仕事であまり家にいる時間が短いのでパパのこともダメになり、私だけが唯一平気な存在になっていました。人見知りをすることは良いことだと言いますし、今はちょっと大変ですが、あっという間に過ぎていくので大切にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんが笑わない原因とは?病気の可能性について

子供の自閉症の可能性

それでは、本題です。赤ちゃんが笑わないとなんだか不安になりますよね。その主な原因は2つあります。

自閉症の可能性

一つ考えられるのは、脳機能に障害がある先天性の発達障害「自閉症」という病気です。


発達障害といっても様々な症状があり、目を合わせようとしなかったり、抱っこを嫌がったり、そして笑わなかったり… ですが、赤ちゃんの発育には個人差があるので、「3ヶ月なのに全然笑わないなぁ…自閉症なのかな」と悩むのはまだ早いと思います。


自閉症と医学的に診断されたり、確実に症状が出始めるのは3歳くらいからと言われています。特に1歳前の赤ちゃんは、同じ月齢であっても、すでにハイハイを始める子もいれば、もうつかまり立ちをする子がいるように様々ですよね。


ですので、どうしても不安な時は自分自身で色々悩んだり、判断するのではなく、まずは保健所などに相談してみると良いと思います。

サイレントベビーになっている可能性

他に、赤ちゃんが笑わない原因として自閉症とは違い「サイレントベビー」という可能性もあります。サイレントベビーとは笑ったり泣いたりという感情表現が少ない赤ちゃんのことをいいます。
その主な原因は、お母さん、お父さんの行動が関係しているのです。


①赤ちゃんに笑顔を見せず淡々と育児を行なっている
②育児本などを気にしすぎて成長を感じられないと赤ちゃんにあたってしまうことがある
③赤ちゃんが泣くとイライラしてしまい世話をしようとしない
④忙しい面倒だからといってテレビやスマートフォンばかりを子供に見せてしまう


このように親が子供に無関心になってしまうと、子供の感情が育たなくなり、笑ったり泣いたりすることが少ない子供になってしまうのです。そして、これをずっと続けてしまうと子供が大きくなってからも、コミュニケーションを取るのか苦手なままなので、社会との関わりも上手くいかなくなってしまうのです。


そうならないためにも、赤ちゃんと関わる時には出来るだけ親が笑顔で接してあげるようにしてくださいね。

最後に

赤ちゃんの笑顔には本当に大人を暖かい気持ちにさせてくれる力がありますよね。見ていてとても癒されます。


ですが、赤ちゃんが笑っていないと思った時には自分の接し方を変えてみて少し様子を見ましよう。それでもおかしいと感じたときは、専門家に相談すると早めの対処ができます。


ただ、大切なのは個人差というものは必ずあるので、みんながみんな同じではないということです。ですので、あまり考えすぎず赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

スポンサードリンク